1. TOP
  2. 心踊るライフスタイル
  3. 魅惑のヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンの口コミ旅行記。

魅惑のヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンの口コミ旅行記。

あなたは、ベトナムにある1つの島がまるごと巨大なテーマパークになっている世界を知っていますか?そう・・・・ヴィンパールランドは、大富豪のベトナム人(マフィア?)が建設したことで有名となった日本人があまり知らない場所。ニャチャンの小さな島であるチェー島を丸ごとアミューズメントとホテルにしているという完全に非日常感が溢れている世界なのです。

この記事は、ベトナムのリゾート地ニャチャンにある「ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャン」の画像・写真をまとめています。ヴィンパールラグジュアリーニャチャン(Vinpearl Luxury Nha Trang)のリアルな旅行記を見てみたいという方にとって有益かつ参考になるように僕自身が実際に現地で撮影した写真をシェアさせていただきます。ヴィンパールラグジュアリーニャチャンは口コミが少ないので、リアルな体験記として参考になれば嬉しいです。

ちなみに僕は、ベトナムのニャチャンとホーチミンに6日間滞在して非日常的な世界を堪能してきました。今回宿泊したヴィンパールラグジュアリーニャチャン(Vinpearl Luxury Nha Trang)に到着するまで、予想以上に移動で結構な体力を使いました。今からニャチャンに行く予定の方は、体調は万全にして旅行を楽しんでくださいね。

ベトナム旅行:地域別の旅行代金を確認してみる

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンの行き方


日本からベトナム・ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャン への行き方ですが、飛行機でホーチミン経由(HO CHI MINH CITY)の乗り換えでニャチャン(CAM RANH INTERNATIONAL)到着が一般的です。ベトナムエアラインって、飛行機のカラーリングがターコイズ色ってお洒落ですよね。アオザイ風のユニフォームもベトナムらしくって素敵だなぁと感じました。

島が丸ごとアミューズメントとホテル

現在もリゾート地としてニャチャンは発展途上中ですが、大自然が広がっていて全てがダイナミックに感じる風景や、今回の滞在先ホテルであるニャチャンにあるチェー島の敷地内にはヴィンパールランドというアミューズメントテーマパークが併設されています。

日本基準では体験できない想像を超えた絶叫アトラクションがある遊園地、動物達と距離感が近すぎるだろと感じるアメージングな動物園には度肝を抜かれました。僕が行ったときは日本人には遭遇せず、現地のベトナム人orロシア人?ばかりだったので、完全に異国でしたので面白かったです。

日本の普通という概念は海外では通用しないので、海外旅行って異文化を体験して自分自身の視点・視野・視座が広がるので浪費ではなく投資だなと感じています。結構、蒸し暑いので水分補給はマメにしなきゃという感じです。では、リアルに僕が撮影した写真で紹介していきます。

ニャチャンの空港から船着場へ

ニャチャンの空港に到着したら、ドライバーさんが待っていて車に乗り込みホテル専用の船着場へ送迎してもらいました。送迎してもらった船着場が予想以上にゴージャスなのでホテルかと思いました。そこからホテル専用のクルーザーに乗って、ニャチャンの小さな島であるチェー島にあるヴィンパール ラグジュアリー ニャチャン(滞在先のヴィラ)に向かいます。

日本では見かけないゴージャスな雰囲気の内装なので非日常感を味わえます。やっぱり日本のゴージャスと海外のゴージャスな雰囲気って世界観が違いますよね。船着場らしからぬ空間の使い方や色彩の組み合わせ方など新しい発見もあり凄く勉強になりました。

滞在先のヴィラに到着

そんなこんなで、ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンに着くまで結構な時間がかかりました。振り返ってみれば1日がかりで到着しましたから、すっかり夜でした。チェックインカウンターがある入り口の写真は、翌朝の写真です。凄く自然が広がっていて人工的な自然ではないので、日本では見ることのできない鮮やかな色合いのトカゲとか普通に遭遇します。2枚目の写真をよーーーく見てみると、トカゲが一体化していてますよw

エントランスにあるフロントは、とてもシックな内装でした。ここから専用のカートでヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンデュプレックス・ヴィラまで送迎してくれます。ご存知かと思いますがヴィラっていうのは、ホテルというか日本でいうお洒落な一戸建てみたいなイメージです。それぞれ、ヴィラがあり玄関があります。僕の滞在先ヴィラは歩ける距離でしたが、スコールで雨が降った際などは便利だなと感じました。

ちなみにレストランは、エントランスから地下に続く階段を下りるとありますが、コンビニ的な売店はないので食べ物とか持参したほうがいいかもしれません。ベトナム料理美味しいですけど、甘いのでおつまみとか持参するとヴィラで満喫できると思います。

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンの住所

Vinpearl Luxury Nha Trang
TEL:(+84) 258-3598598

デポジットについて

チェックインの際にデポジットでクレジットカードの与信枠?なのか仮決済なのかで押さえてからチェックアウトの際に問題がなければキャンセルするためにカードをスラッシュしてサインしました。

海外でカードが使用不可に陥ると凄く不便なので、カード持って行くのが心配になるのは分かりますが数枚は持っておいた方がいいと思います。あなたは海外で便利なカードを持っていますか?海外旅行保険やプライオリティーパスは必須だと思います。

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンの部屋

デュプレックス・ヴィラの部屋について

僕が滞在したのは、ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンデュプレックス・ヴィラの部屋の写真です。1階がリビング、バルコニーにプールがあり、キッチンとバスルーム(トイレ)がありました。

2階に寝室とバスルーム(シャワー・バスタブあり・トイレ)広めのバルコニーでした。非常に清潔感があり、アメニティもスパで使っているモノと同じなので癒されました。海外にありがちな水圧が弱すぎるってこともなく快適ですよ。あっ、あと実際にスパで使っている何種類かの入浴剤ソルトは、フロントにお願いしたら無料で用意してくれたのでバスタブ満喫できました。

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンデュプレックス・ヴィラは時期にもよるけれど1泊6万~くらいですが、部屋のグレードを落とせば3万円ほどで宿泊できます。もう少し手頃な価格で友達と行きたかったり、小さな子供連れの場合は、ヴィンパール ニャチャン リゾートというホテルが(1泊18,000円程度)同じ島内にあり口コミ・評判も良いので検討してみてもいいかも。

チェー島内に水族館、遊園地、プールがあるので思いっきり遊べますよ。他にもヴィンパール ニャチャン ベイ リゾート & ヴィラズ(1泊16,000円程度)は、ビーチを望むインフィニティプールや飲食店5軒、スパが併設されています。島内にはゴルフが満喫できるヴィンパール ゴルフ ランド リゾート & ヴィラズも含めて数カ所のホテルやヴィラが存在するので、滞在先を目的や金額から選べるのが魅力的ですね。

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンの食事


ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンだと、ゆっくりとヴィラで過ごしたい人向けなのでルームサービスorレストラン自体がフロントから地下に降りた場所にある1か所しかないのが難点かもしれません。

ベトナム料理って強烈な癖がある食べ物ではないのでご飯は美味しかったです。個人的には施設内の雰囲気が、非日常感がたっぷりで現代版の浦島太郎に出てくる竜宮城みたいな夢見心地な感覚?を体験しました。ローカルバンドの生演奏を聴きながらの食事を楽しめニャチャンの人は穏やかで優しいので癒されますよ。

ベトナム料理は全体的に味付けが甘いので、1週間連続は僕には厳しいかもしれませんwどちらかといえばタイ飯のようにスパイシーな食べ物が大好きな人は、数日ゆっくりしてニャチャンの街や違う都市に移動してみるのもいいかもしれません。

ちなみに、びっくりするほど美味しかったのがベトナムコーヒー!初めてベトナムコーヒーを飲んだのですが、スタバより激ウマに感じました。ベトナムに行くなら、ベトナムコーヒーは凄くオススメです。

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンの朝食

朝食は、フルーツと野菜とアメリカンブレックファースト+フォーを食べていました。フォーとカリカリに焼けたベーコンにベトナムコーヒーを満喫していました。ただし、やっぱりドランゴンフルーツは苦手でしたが他にも果物は充実していたので良かったです。

割と香草やらパクチーは平気なのでベトナム料理自体に抵抗がなく好きなので美味しかったです。香草とか苦手な人は食事で苦労しそうですが、アメリカンな食べ物も用意されているので特に困ることはなさそうです。

アフタヌーンティー、驚愕のベトナムティー

ご覧の通り日本のような繊細さはないですが、サンドイッチと果物とケーキが出てきます。とにかく何を食べても甘い味付けが多いなぁと感じました。

あっ、ベトナムティー(お茶)って美味しいです。お茶は甘くないですw凄く美味しかったので、帰国前にホーチミンの髙島屋でベトナムティーを箱買いしてきました。色々と種類があり試飲させてくれたので2種類購入しました。自分自身で香りや味をチェックできるのでお土産に持って帰っても喜ばれる可能性大ですよ。

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンのスパ

宿泊していたヴィラから歩いてプライベートビーチに向かうと(左奥手)桟橋の横にヴィンパールラグジュアリーニャチャンのスパがあります。ニャチャンに滞在中は快晴ではなく曇りのちスコールのような天気だったので空の色が少し残念でした。もっと快晴だと、より美しい景観だろうな。リゾート地の天気って重要だなと思うので、やっぱり気候の安定しているシーズンに行きたいですよね。 

Spa(スパ)のガウンが・・・・・

まずは、Spa(スパ)の受付でカスタマーカードを書いてスパのコースを選びます。僕はウェルカムドリンクを飲みながら、ヘッドスパとフッドマッサージの90分にしました。そして、更衣室に案内されて着替えたのですがガウン…柔道着みたいだし超絶重くてビビりました。こんなに重量のあるワイルドなガウンは初体験w

ガウンについてはデスってますが、マッサージは超絶上手かったので大満足でした。完全にプライベートな空間になっていて、海の音を聴きながらのマッサージは最高です。僕は下手だったら微妙だったとハッキリ言うのでw、、、スパの利用はオススメできますよ。

まずは、ベランダ的な場所でネギみたいな謎の薬草?ハーブで足を念入りに洗ってもらってからベットでマッサージしてくれました。あのネギみたいなのは何だったんだろうか、、、(笑)こーいうロケーションで、マッサージが上手だと嬉しいですよね。たまには、穏やかにゆったりした何もしない時間も必要不可欠です!

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンの夜景

暗闇が深まると、柔らかいライトの光が青色の世界を照らします。海の奥側に見えている東京タワーみたいな光は何だと思いますか?ヴィンパールランドが広がるチェー島とニャチャンの街を繋ぐケーブルカーです。

ニャチャンの街中に滞在した場合は、このケーブルカーor船に乗って遊びにくる人が多いとのこと。オプショナルツアーで島巡りなどもあるので、時間的に余裕がある人は、いろんな島巡りも面白そうですね。

魅惑のヴィンパールランドの全貌

ヴィラからフロントに向かいヴィンパールランドに行きたいと伝えると、ホテルのスタッフが専用カートで送迎してくれます。5分くらいでディズニーランドみたいなお城のあるヴィンパールランドに到着しました。

この日は、短時間ですがスコールにも遭遇して雨宿りも体験しました。滝のようなスコールだったので唖然としましたが、逆に非日常的だったのでスコールも含めて面白かったです。スコールで濡れた人は、プールに突き落とされたんじゃないかってほどに…ずぶ濡れになっていました。

僕は水陸両用の水着で遊んでいたので平気でした。ヴィンパールランドでは、オシャレよりも機能性の高い服装がオススメです。気になっていたトイレですが、全然綺麗でしたので安心して過ごせましたw

ヴィンパールランドの乗り物

ヴィンパールランドの遊園地ですが、画像・写真でなく動画でないと驚愕のスピード感をお伝えできないのが少し残念ですが、1枚目のブランコに乗って回るアトラクションですが、予期せぬ猛烈スピードでビュンビュン回転して悲鳴が聞こえます。全体的に乗り物はスピードが速すぎるのと、アメージングな回転をします。

絶対的に日本では認証されないであろうリアルな絶叫マシンの遊園地が広がっていて、価値基準がぶっ壊れました。あー、僕の普通ってイマ此処に広がる世界には通用しないなぁと感じると改めて普通って何だろうなって考えさせられました。

非日常の世界から得たこと

働くこと、稼ぐこと、生きること、仮に我慢してルールに縛られていたらワクワクする未来を創造することには繋がらないなと認識した瞬間でもあります。多様な価値観や文化に触れると完全にアウェイなわけで、多数決でいけば僕が普通ではないということになります。

日本では、みんなと同じであることを協調性と言う人もいますが…そうなると未来はイマ想像できる範囲内の結果しか生まれません。僕自身が大きく稼ぎたいなら、命令される人生ではなく自分自身の人生の主導権を握り責任を持って自由に生きたいのなら、、、

自分の時間を捻出した労働対価でお金をもらうのではなく、自分自身でお金を発生させる価値提供による対価の発生が必要です。つまり、みんなと同じでは僕が望む未来は訪れないということです。イマしていることは、ナゼやっているのか自分自身の価値基準を知り行動することが他人の人生ではなく自分自身の人生を生きることだと強く感じています。

ヴィンパールランドの動物達

ヴィンパールランドの動物園でズーム撮影したわけではないです。至近距離で動物に会えますし、なんだか開放的な場所でノビノビと暮らしているように見えました。さらにヴィンパールランドは改装中で巨大化させているようなんで、また進化を遂げているかもしれません。

とりあえず、ソーセージにポテト巻かれてるファストフード食べました。ベトナムって少しでもお札が破れていると受け取ってもらえないので、お釣りをもらう時にはチェックして破れているのは取り替えてもらってくださいね。あとからトランプのババ抜きみたいに工夫して受け取ってもらうの地味に大変ですw

最後に。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。最低でも6日以上の休暇がないと満喫できないと思いますが、非日常で価値観ぶっ壊すのには最適でした。今ニャチャンはビーチリゾートとして発展途上です。実際に行ったことがある人も少ないので会話のネタにもなるし、未知の体験したい人にはオススメです。

海外旅行|地域やホテル別の旅行代を確認してみる

そんなに長期で休みが取れない人や、透明度の高いビーチを楽しみたい人はグアムが鉄板だなぁと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

QOL未来創造|ワクワクする未来、つくろうの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

QOL未来創造|ワクワクする未来、つくろうの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

プロフィール紹介 プロフィール一覧

SHIN

SHIN

スタイリスト、QOL未来創造スペシャリスト=ワクワクする未来を実現化させるプロです。
(Instagram : shin.7life)

自分では選択することすらできない絶望的な運命、環境、状況から抜け出し、人生の主導権を自分で握り自分で人生をデザインして楽しく生きています。20代半ばに、海外から帰国した時は破天荒に「家も仕事もお金もない&極めつけに身分証はパスポートのみ」スーツケース1つから、復活しましたw自己啓発、心理学、ビジネスマーケティング、ファッション、旅行(非日常の世界)、写真が大好きです。スタイリングでお困りの方は、ご相談ください^^

海外旅行、国内は頻繁にフラフラしています。とにかく逆境に強くて地獄に落ちてから勝負する奴です!凄くツイてる、よく寝て、よく食べ、よく笑って何でもネタにします。善くも悪くも子供みたいに無邪気な大人です。なぜなのか?に異常な関心があり、心理学や成功法則、ビジネスマーケティングを専門家から学んでいます。

ビジョン「人生を変える=ワクワクする未来、つくろう。」を現実させるには考え方次第、自分次第。
僕とあなたのQOL未来創造に繋がる"きっかけ"を情報発信できるようメディアを運営していきます!