1. TOP
  2. ガジェットあれこれ
  3. iPhoneの画面が割れたら、どうする?修理で新品交換する方法

iPhoneの画面が割れたら、どうする?修理で新品交換する方法

ドン。

iPhone Xを購入して、4か月記念日を待たずして僕のiPhone Xは致命的な破損をしました。大きな鉄の鎧を身にまとったセロテープが鋭くドロップキック、ドンという低い鈍い音がすると見事にiPhone Xの画面に的確に命中して割れました。iPhone Xの電源はつくし起動はするけど、文字入力のキーによっては全く反応しなくなりました。LINEの文字入力から送信ボタンも反応しなくなり使えなくなったのです。

あ-あ、auで146,400円(支払い期間48回)まだ、3回しか支払ってない状況でコレだよ。カップルでいえば、3か月めはラブラブ期間中?なのに破局を迎えました、、、泣。あるあるなので、すぐに気持ち切り替えましたけどね…w

この悲劇のドロップキックにより、画面のガラスが細かく破損して周囲にも破片が飛び散ってしまいました。応急処置として手元にあった透明ガムテープを貼りましたが、一気にiPhone Xの見た目が美しくなくなり絶望的になりました。透明ガムテープが無い場合はサランラップでも良いかもしれませんね。とにかく、ガラスの破片は危ないので気を付けてくださいね。

ちなみに僕がiPhone Xを買った理由は、鏡面仕上げで見た目が美しくスタイリッシュであり、インスタグラム(写真)にハマっていて暗い場所でもきれいに撮れる1200万画素×2のデュアルカメラを搭載しているからです。

iPhone の画面が破損して割れたまま使い続ける人もいますが、もはや入力ボタンが反応せずガラスが指に刺さって危ないのとスタイリッシュじゃない見た目に抵抗があるので即修理することを決めました。

さてiPhoneの画面が割れてしまったら、一体どこで修理したらいいの?料金やかかる期間って?保証や修理前にやるべきことってなんだろうって思いますよね。僕は貴重なリアル体験をさせてもらったので、事前に知っておくべき有益な情報を記録しておきます。あなたのお役に立てれば嬉しいです。

iPhoneの画面が割れたら、3つの事前確認をしよう!

その3つの事前確認とは、

①iPhoneの破損状態を確認
②AppleCare+ 加入の有無
③通信事業者のサポート加入の有無

それぞれについて、わかりやすく解説していきます。

①『iPhoneの状態』

まず『iPhoneの状態』を確認してみましょう。ちょっとガラスが割れただけの軽傷なのか、本体の電源が落ちたり操作キーが壊れて反応しないなどの重症な状態なのかを即チェックしてみてください。

iPhoneの電源を入れてみて普通に使用できる軽傷なら、『ディスプレイ部分のみの交換』で修理できる可能性があります。電源が入らない、キー操作の反応がないなどの場合はディスプレーの画面交換だけでなくiPhone本体を新品交換しないと改善しない場合が多いようです。

②『AppleCare+ 』2年間保障

あなたは、AppleCare+ for iPhoneに加入していますか?AppleCare+加入状況とサービス期間中であるかどうかをチェックしてみてください。何故なら、iPhoneの修理料金が大幅に異なるからです。

>>>Apple 製品の保証状況や AppleCare 延長保証の購入資格を確認してみる

AppleCare+正規サポートのメリット
・Apple専任スペシャリストによるテクニカルサポート
⇒電話やチャットで無償サポートを受けることができる

・ハードウェア2年間保障
⇒本体やバッテリー、付属品のイヤフォンと
アクセサリの修理サービスを受けられます

・過失や事故による損傷に対する修理
AppleCare+正規サポート(2年間最大2回まで)
機種によって金額が変わることなく同一料金です。
⇒画面の損傷のみ修理代:3,400円+税
⇒その他の損傷がある修理交換:11,800円+税

あなたが、『AppleCare+ 』に未加入だった場合の料金表を作ってみました。

 修理や交換方法
・エクスプレス交換サービス(電話受付のみ)
・持ち込み修理(Apple Storeまたは正規プロバイダ)

Apple Storeまたは正規プロバイダで修理をオススメする理由

AppleストアやApple製品取扱店以外に、街中にはiPhoneの修理をしているショップがあるのをご存知ですか?例えば、iPhone画面の破損が1時間もかからず修理できて費用も多少なりとも安くできるというメリットがありますがデメリットもあります。

デメリットは、Apple以外の修理サービスを利用すると、Appleの保証やサポートの対象外となり修理後はAppleのサポートが受けられなくなります。特にAppleCare+に入っている人は保険の意味がなくなるので、やはり正規のルートで修理することをお薦めします。逆にAppleCare+未加入で修理代が高額で支払えないケースでは最終手段の選択肢としてならアリだと思います。

③通信事業者のサポート加入の有無

iPhoneを修理に出す前に確認しておきたいのが、サポート加入の有無です。iPhoneを購入する際に、各通信事業者の補償に加入していれば修理費の還元を受けることが可能です。

au、ソフトバンク、NTTドコモなど、通信事業者独自の補償プランや料金に関しては名称も含めてサービス内容が変更されることも多いので、あなたが契約している通信事業者との契約書やカスタマーセンターに問い合わせをして加入状況を確認してみてください。

通信事業者のサポート一覧

ソフトバンクのあんしん保証パック(i)プラス

ドコモのケータイ補償サービス for iPhone

auスマートパス、あんしんサービス

例えば、僕はauなので

・AppleCare+&au端末サポートに申し込んでいる場合
AppleCare+による2年間保障終了後も継続してauが同等のサービスをしてくれます。
つまり、合計4年間にわたって安心したサービスが受けられる補償です。

・au修理代金サポートに加入しているかどうか
AppleCare+&au端末サポート+auスマートパスプレミアムなら、
⇒故障修理時:最大11,800円相当のWALLETポイントで4回サポートが受けられます。
こちらも、購入から4年間の修理代金サポートが受けられる補償です。

なぜ、僕はauスマートパス補償サービスに入っていなかったのか

僕自身、auユーザーなのですが補償サービスに入っていませんでした。

実はiPhone Xをauで146,400円(支払い回数48回=4年)の支払いで契約したうえで、auのアップグレードプログラム月/390円に申し込みました。auのアップグレードプログラムのメリットはiPhone Xを(支払い24回=2年)73,200円支払った時点で機種変更を実施、iPhone X(本体)を下取りに出せば残金半分73,200円はauが負担してくれるというもの。

いつもスマホを約2年で機種変更していたので、auアップグレードプログラムに入り1日約100円程度でiPhone Xを使えるって良いなと思ったわけです。つまり4年間も同じ機種を使わないと思ったので、購入から4年間の修理代金サポートが受けられるauスマートパスの補償サービスには入っていませんでした。今も同時に愛用しているiPhone 6s PlusのSIMフリー本体は、やっぱりiPhone Xと比較すると特大画面で好きなんですよね。次回は、最新のiPhone Plusが欲しいなと思っていますw

このように自分自身の状況を事前確認してみたところ、損傷が激しくキー入力操作もできない状況でAppleCare+ for iPhoneの保険だけ加入していたので、iPhone をスピーディに新品交換できちゃうiPhone エクスプレス交換サービスを利用しました。はっきり言って軽傷な画面破損以外は、邪道な方法ではなく正規の『iPhone エクスプレス交換サービス』が1番安心できる方法だなと感じました。

iPhone エクスプレス交換サービス

実際に本体のみを交換しましたが、エクスプレス交換サービスは AppleCare+ の特典でサービス自体の利用料は無料です。もしAppleCare+ に加入になっていない場合は、3,400 円のエクスプレス交換サービス料金が発生しますがサービスを利用することは可能です。

エクスプレス交換サービスを利用すれば新品のiPhoneと交換することができるのに、そのサービスを知らなくて街中でスピード修理したら修理後にAppleのサポートが受けられなくなるのでデメリットの方が大きいかと思いますエクスプレス交換を依頼(電話での受付のみ)で、僕の場合はヤマト運輸の配達員さんが自宅まで同じモデルの新品iPhone X(本体)が入った白い箱を届けてくれました。

そのまま白い箱を開封して破損したiPhone Xの本体と交換して配達員さんに渡せば交換が完了となります。日付や時間帯指定はできませんが1度目は不在だったので不在票から再配達依頼で日時・時間指定は可能でした。これは非常に便利なサービスです。

*必ず、SIMカードは忘れずに取り出して新しいiPhoneにセットしてください!SIM取り出しツールは、iPhoneのBOXに入っているので確認してみてください。見つからない際は、クリップの先端で押せばSIMカードを取り出せると思いますが自己責任でお願いします。

iPhone エクスプレス交換サービスを申し込む

まずは、電話しよう

>>>Appleサポートの電話番号を確認する

僕は、3月4日(日曜日)19時半頃にiPhone Xを破損させました。その日は体力を使いすぎていて、自分自身の頭で意思決定したり考える余力が残っていない状態でした。しかし、スマホ・・・どうにかしなきゃという気持ちが行動に繋がりました。文字入力のキーのすら反応しないので、iPhone Xを購入した電気店に修理依頼に行きました。日曜日の20時半頃でしたが運よくギリギリ対応してもらうことができました。

iPhone Xを購入した電気店で、電気店独自の修理サポートに入っていなければApple経由の修理となる説明をしてくれました。親切に僕の保証状況を確認後Appleサポートに電話もかけて状況を伝えてくださり、途中から電話をかわりました。どのような状況で破損したのかを伝えて料金の提示を受けました。また早めに必要であれば、バックアップを取ってくださいねと言われました。Appleのカスタマーにメールアドレスを伝えたあと、決済を実行するメールが届くのでクレジットカードでの支払いが必要となります。

メールが届くので、クレジット支払いをする

注意点としてエクスプレス交換サービスを利用する場合は、クレジット事前決済が必要で修理代の11,800円+税(12,744円)と故障した本体が返却されない場合の未返却料を仮押さえするためのクレジットカードの承認枠が必要となります。この承認枠の金額は交換する機種によって異なります。問題なければ、実際には決済確定しませんので安心してください。

あくまでも万が一のためにカードの承認枠を仮に確保されるだけです。配達業者がAppleへ破損したiPhoneを配送、モノの確認が取れたら承認枠は解除されます (承認取消)。決済したのは3月4日の21時半ごろなので翌日扱いになるとAppleのカスタマーで説明を受けました。

ちなみに僕の場合はiPhone X(256GB)ですので未返却料129,800円+税(140,184円)が別途クレジットカード承認枠で仮押さえが必要でした。このような状況に問題なくスムーズに対応するためにも、クレジットカードは1枚ではなく複数枚所持していたほうがスムーズだなと感じました。万が一、クレジットの枠が足りなければエクスプレス交換サービスを受けることができないからです。

また現代社会においてクレジットカードを使わない主義の方もいますが、クレジットヒストリー(クレヒス)って凄く重要です。信用情報機関にデータが登録されるので、住宅ローンやマイカーローン、融資を受ける際にも圧倒的に審査が通りやすく有利になるからです。

ある程度の年齢でデータがない場合、実績がないというスコアリングシステム上かなり不利です。このような不慮の事故も考えられるのでクレジットカードは作っておいたほうがいいですよ。クレジットヒストリーは、積み重ねて築いていくものなので短期間で信用を得ることはできません。

iPhone引き渡し前の注意点について

破損したiPhoneを返却するとデバイス上のデータは消去されます。Apple に破損したiPhoneを返却する前に、必要なデータがあるならバックアップを取得する必要があります。iPhoneのバックアップは、iCloudやiTunesを利用して作成します。

>>>iPhoneのバックアップ方法を確認

LINEの引継ぎ設定

iPhone Xの入力キーが破損していたので、LINEの引継ぎ設定が事前にできませんでした。けれど、新しいiPhoneでLINEのアプリをダウンロードして左下のログインから項目を入力したら復活したので問題ありませんでした。アルバム(写真)も消えていませんでした。「ログイン」→「メールアドレス/パスワード」入力し「確認」⇒SMSで受信した4桁の認証番号を入力「次へ」で復元しました。

Apple Pay と Suica カード

Apple Suicaのサーバーへの退避・復帰(iPhone間でのSuicaの移行)の仕方をシェアします。iPhoneが破損したけど、まだ操作できる人は下記の動画を参照してください。

iPhoneの入力キーが破損して操作できない場合は、PCブラウザで利用できるiCloud.comや他のiOS端末を操作して「iPhoneを探す」⇒iPhoneを削除しましょう。削除することでSuicaデータも端末から消えます。Suicaアプリで会員登録していれば、Suica会員メニューサイトで再発行手続きができます。

>>>Suica Apple Pay よくあるご質問

再度のリマインドですが、破損したiPhoneのSIMカードを交換する前に取り出して新品iPhoneに挿入してください。忘れっぽい人は早めにSIM カードは取り出して手元で保管しておきましょう!

新品のiPhoneは宅配便で届きます。受け取りの際、破損したiPhone本体のみを引き渡します。外箱、保護ケース、保護フィルム、SIM カード、アクセサリなどは同梱しません。万が一、同梱しても製品本体以外は返却されませんので注意してください。

どのくらいの期間で新品交換できたのか

クレジット決済したのは(3月4日の21時半ごろ)なので、翌日扱いになるとAppleのカスタマーで説明を受けていました。3月5日受けで、ヤマト運輸が届けてくれたのは翌日3月6日10:00AMでした。あいにく仕事で受け取りは後日となりましたが最短で翌日に自宅玄関で新品iPhoneを受け取ることができて、翌日に請求明細書が郵便で届きました。iPhone エクスプレス交換サービスって凄いサービスですよ^^

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
最新記事の購読をしてくださる方は、✔いいね!のクリックでQOLがアップする役立つ記事をお届けします。

\ SNSでシェアしよう! /

QOL未来創造|ワクワクする未来、つくろうの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

QOL未来創造|ワクワクする未来、つくろうの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

プロフィール紹介 プロフィール一覧

SHIN

SHIN

スタイリスト、QOL未来創造スペシャリスト=ワクワクする未来を実現化させるプロです。
(Instagram : shin.7life)

自分では選択することすらできない絶望的な運命、環境、状況から抜け出し、人生の主導権を自分で握り自分で人生をデザインして楽しく生きています。20代半ばに、海外から帰国した時は破天荒に「家も仕事もお金もない&極めつけに身分証はパスポートのみ」スーツケース1つから、復活しましたw自己啓発、心理学、ビジネスマーケティング、ファッション、旅行(非日常の世界)、写真が大好きです。スタイリングでお困りの方は、ご相談ください^^

海外旅行、国内は頻繁にフラフラしています。とにかく逆境に強くて地獄に落ちてから勝負する奴です!凄くツイてる、よく寝て、よく食べ、よく笑って何でもネタにします。善くも悪くも子供みたいに無邪気な大人です。なぜなのか?に異常な関心があり、心理学や成功法則、ビジネスマーケティングを専門家から学んでいます。

ビジョン「人生を変える=ワクワクする未来、つくろう。」を現実させるには考え方次第、自分次第。
僕とあなたのQOL未来創造に繋がる"きっかけ"を情報発信できるようメディアを運営していきます!