1. TOP
  2. 「センスいいね!」の思考術
  3. 【完全保存版】オシャレのプロが教えるメンズ服、基礎知識まとめ

【完全保存版】オシャレのプロが教えるメンズ服、基礎知識まとめ

あなたはオシャレな男性が、一体どこで服を買っているのか知りたいとは思いませんか?年齢や系統にもよると思うけど、このブランドを着てたらオシャレだなと思われるとか、、逆にどこで服を買うとダサいって言われるのだろうかって気になっていませんか。

この記事では、多くの人が感じる不安や疑問を徹底解明してメンズ服の基礎知識について最速で理解できるようになります。学校では教えてくれないオシャレなメンズ服の本質を丁寧に解説しています。仮にオシャレ初心者であっても、簡単にイメージできるように解説していくので安心して読み進めてくださいね。

そもそも、オシャレなメンズ服の定義って?

あなたは、オシャレなメンズ服の本質を知っている人と、知らない人の具体的な違いについて考えたことはありますか?

もし、あなたが冒頭のように「○○(ブランド名)のメンズ服を着ていたらオシャレ」という視点で、ファッションを捉えて考えているとすれば、残念ながらオシャレなメンズ服の本質を勘違いしています。

それは、なぜなのか?

あなたは、『スペック(ブランドや値段)』に囚われてはいませんか?そもそもオシャレなメンズ服って、金額やブランド名なのでしょうか。どんなに有名で値段が高いハイブランドでも、あなたの信念に反しているブランドであったり、または全く似合わなければオシャレとは言えないので本末転倒なのではないでしょうか。

オシャレは、あなたのキャラクターやライフスタイル、信念や価値観によって変幻自在、十人十色なのです。オシャレに絶対的な正解などなく、もっと自由でワクワクする世界だと僕は確信しています。

もしあなたがオシャレしたいのだけど、一体どうしたらよいだろうと悩んでいたら、、

ブランド名より、まずは全身をコーディネートする際に上下の系統を一致させる、自分自身に適正なサイズ感、色合い(カラー)の取り入れ方さえ間違えなければ、必ずグッとおしゃれに見えるとアドバイスします。

そこが問題なければ、あとはあなたのキャラクターやライフスタイル、さらには信念や価値観によって唯一無二『オシャレの定義』を自分自身で導いていくことになるでしょう。

簡潔にまとめるとオシャレを失敗してしまう根本的な原因として、スペックだけを重視していたり洋服のジャンルである系統の上下(+@小物)がバラバラによる違和感、または正しいサイズ感が選べていなかったり色合い(カラー)の組み合わせに問題があることが大きな原因となっているということが多いのです。

結局のところメンズファションでダサくみえる原因は、洋服自体のスペックではないと理解できたかと思います。かっこいい服の組み合わせは、お金がないからオシャレできないとかブランド物じゃないからオシャレに見えないのではないという本質を自分の中に腑に落とし認識することが凄く大事ですよ。

あとは簡単、オシャレに見える3つの基礎知識を知るだけですから^^

参考になりすぎるオシャレに見える基礎知識3つ

①シルエットの種類+難易度と系統を把握をしよう!
②ファッションの系統であるジャンルは揃えて、色合いは3色までに統一してコーディネートしよう
③ひとまず、スペックであるブランド名を意識するより、全身コーデを研究してレベルをあげよう

まずオシャレなメンズ服を選ぶセンスは、研究したり挑戦したり失敗したりを実践的に繰り返していくことで着実にレベルが上がります。スポーツと同じように、積み重ねてセンスを磨いてレベルをあげていくしか方法はありません。

どの分野の世界でも上手になるには練習が必要なのです。正しく基本であるオシャレの基礎知識を学び理解を深めることで、誰だって確実にセンスを上げることができますよ。

では、基礎知識を具体的に解説していきますので気軽な気持ちで読み進めてください^^

プロが教える基礎知識①
シルエットの種類+難易度と系統を把握しよう !

あなたは、全身シルエット(ライン)の3種類と難易度について知っていますか?

オシャレなメンズ服を着こなす為には超重要な知識となります。

えっ、ナニそれ?オイシイノ?

・・

・・・

・・・・。

まだ知らないならラッキーですね!

例えるならば、ロールプレイングゲーム(ドラゴンクエストやファイナルファンタジー)で一気にレベル30くらいレベルアップできちゃう方法といっても過言ではありません。

王道の基礎知識を学びながら土台を作り、技を知り実践すればサクッとレベルがあがるので安心してください!レベルをあげる=センスの向上に繋がるので、あなたにとっては良いことだらけですよ。

さて、シルエットというのは、『パッと見た時の全身コーデの形』を指します。

メンズファッション基本のシルエットとは大きく3つのシルエット(ライン)から成り立っています。まずは、シルエットの種類+難易度と系統の把握が出来るように解説していきます。あなたが絶対に損をしない得する知識なので、あなた自身で判断できるよう理解が深まることに繋がれば嬉しいです。

絶対身につけて欲しいシルエット(ライン)は、たった3つ!

Iライン、Vライン=(Yライン)、Aラインです。

王道のIラインを知ろう!初心者~上級者

1番オススメなシルエットは「Iライン」です。
アルファベットの形通りに、上下ともに真っ直ぐスラっとしたシルエットです。

例えばチェスターコートなどを取り入れた、きれいめカジュアルのスタイリングがイメージしやすいと思います。参考にしてほしい下記の写真はモノトーンベースで差し色2つの王道コーデです。インナーのニットとスラックス・シューズはモノトーンで、差し色でキャメルのチェスターコート、そしてインディゴカラーのストールを組み合わせている『きれいめカジュアル系』です。

Iラインのシルエットは難易度が高くなく、誰でも意識すれば簡単に取り入れることができます。さらに特徴として、大人っぽくみえるシルエットなので異性からの好感度も高いのが特徴的です。オシャレなメンズ服を取り入れて、好感度をグッとあげたいなら「Iライン」をオススメします。

Iラインの意識事項
サイズはジャスト(ぴったり)で着用する
✔自分自身の肩にあっている大きさを選ぶ
✔ボトムは、タイトストレートまたはスキニーパンツ

オススメの系統って?
①きれいめカジュアル(トラッド)
多くの人が、「きれいめカジュアル」って説明できないと思います。長々な説明など不要です。
世界一、簡単に説明しますね。オシャレで高級な場所、ディナーデートに行くときの格好ですw

まさかビーチサンダルにパーカーとか着ないでしょ?
ちょっと場所的にラグジュアリーな場所に行けるような服装をイメージすればいいと思います。

②ノームコア(=シンプルで無難な服装)
語源は「normal(普通)」と「core(芯)」

個人的に気張らないシンプルな服装って探求すると奥深いなと感じさせたのがApple共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏。イッセイミヤケのタートルネックにジーンズはリーバイス501、スニーカーはニューバランス991というスタイルを貫き続けた。「おしゃれに疲れたから」選んだわけではなく、、、こだわりが半端ないのでタートルネック一生分の注文したみたいですねw

何が言いたいかといえば、ノームコア(シンプルで無難な服装)を表面上だけ捉えて量産型ファッションだとか、遠回しにダサイって表現する人ほど微妙なんじゃないかなって・・・・wつまり、シンプルで気張らないって素敵だと思いますよ^^

トレンドのVライン=(Yライン)中級者~

トレンドでもある「Vライン=Yライン」とは、上半身タップリなシルエットで下半身は細身=タイトな着こなしを指します。個人的には王道である「Iライン」をマスターして、おしゃれに興味があるし楽しくバリエーションを増やすなら「Vライン=Yライン」のシルエットに挑戦してみると面白いですよ。

この写真からイメージが鮮明にできると思いますが、オーバーサイズのコート(上着)にスエットパーカーとスキニーデニムを組み合わせた着こなしは、このVライン=Yラインになります。

ちなみに参考写真のスニーカーはバレンシアガというブランドでデザインはカッコイイですが、めっちゃ重いですw僕は、こんな感じの服装を好んで着てます。余談ですが、Reebokのポンプフューリーが大好きです。数えてみたら、20足くらい集めてました。興味がある方は、QOL未来創造とは?から僕のインスタに繋がっているので見てみてください^^

Joelさん(@gallucks)がシェアした投稿

Vライン=Yライン意識事項
✔タイトパンツまたはスキニーパンツを着用
✔スニーカーを取り入れる

オススメの系統って?
スポーツミックス(ストリートミックス)

スポーティーなアイテムを取り入れながらも、大人っぽいアイテムを組み合わせてスタイリングするのがスポーツMIX。最旬のトレンドとして、大人カジュアルの仲間入りしたスポーツミックスは定番スタイルとなっています。以前は、革靴(レザーブーツなど)人気でしたが、今は男女ともにスニーカーブームでスポーツミックスの着こなしは人気が高いです。

手頃な価格で最旬トレンドが充実しているZARAなどのファストファッションから、グッチやバレンシアガなどのラグジュアリー系のハイブランドまでストリートMIXされたアイテムが充実しているので取り入れやすいです。スポーツミックスとストリートミックスの境界線は曖昧でMIXされている場合も多いので難しく考え込む必要はありません。

男らしさ溢れるAライン!中級者~

nesaiさん(@nesai1205)がシェアした投稿

IラインやVライン=Yラインよりも男らしいシルエットが「Aライン」です。高身長、またはガッチリした男性には1番似合うシルエットになるのでオススメです。頭(上半身)から下半身にむけてアルファベットAの形になるようにラフに着こなします。上半身から下半身に向かってボリュームを出すスタイルでバランスが重要なスタイルです。男らしい着こなしができるのが特徴的です。

あなたが普通体型から細身体型の場合、Vライン=Yラインよりも上級者向けでサイジングを間違うと、子供っぽくなるのでバランス感覚とセンスが必要です。まずは、IラインやVライン=Yラインがオススメですよ。

Aラインの意識事項
✔サイズ感や組み合わせるアイテム次第で子供っぽくなるので注意が必要
✔普通体型から細身体型ならIラインまたは、Vライン=Yラインが取り入れやすい

オススメ系統とは?
アメカジ=アメリカンカジュアル(American Casual)
アメリカ風の着こなしのこと。  1960年代、日本で流行したアイビールック=アメリカントラッドの着こなしだったりもします。アイテムとしてはネルチェックシャツ、ワイルドにワークブーツ×デニムの着こなしがイメージしやすいですね。他にもスタジャン、Gジャン、ダウン、チノパンなどをワイルドに男らしさ溢れる着こなしが特徴的です。

有名ブランドならラルフローレンやリーバイスなどですね。頻繁にミリタリーという言葉が出てくるかと思いますが、軍服のデザインをインスピレーションにしたデザインのことです。

他には趣味がキャンプなどのアウトドア系なら、ファッションも統一していくと楽しいですよね!

シルエット(ラインの種類)+難易度と系統はイメージできましたか?まずは、シルエットと全身コーディネートの系統を決めてみてください。あっ、身長170センチ未満でも垢抜ける方法が知りたい方は関連記事でシェアしています。垢抜けるために子供っぽさや野暮ったさを感じさせない工夫を具体的に解説しています。

なんだか、系統を決めるって難しいですよね!?≪解決策≫をシェアします!

ずばり解決策は、基本的に買い物する時はブランドもしくはお店(ショップ)を統一することです。

同じブランドもしくはお店(ショップ)で、全身コーデを揃えれば失敗しにくいです、そこから同ジャンルのブランドやお店(ショップ)でアイテムを買い足すと系統が揃うので組み合わせた時に全身コーデの統一感が出るので良いですよ!

仮に異なるジャンルのブランドやお店で単品のアイテムだけを見て買うと、かっこいい服の組み合わせ難易度が一気にあがってしまいます。単品だとカッコいいけど・・・実際に全身コーデで系統違いのアイテムを組み合わせて着てみると微妙な着こなしになってしまうことが多いです。無頓着だったり、解決策を知らずにいると無意識にダサイ原因に繋がってしまうので参考にしてみてください。

ひとまず、系統はブランドもしくはお店(ショップ)を選ぶことって解釈する簡単です。

プロが教える基礎知識②
シルエットと系統を決めたら、
色合い(カラー)は3色までに統一!

シルエットと全身コーディネートの系統を事前に決めてくださいね。次にオシャレに見える色合わせのルールは、たった3つ!

あなたは成功法則である色合わせの基本ルールに沿って選ぶだけで、劇的にオシャレになります。まずは、無彩色と有彩色を知ってください。

無彩色(右)➡ホワイト・ブラック・グレー
(無彩色は、モノトーンと呼ばれることが多い)
有彩色(左)➡ホワイト・ブラック・グレー以外の色

オシャレに見える色合わせの基本ルール3つ

基本ルール1:全て無彩色(モノトーン)
ホワイト・ブラック・グレーのモノトーンでコーデする

きれいめカジュアルの王道:スプートニクス

コーディネート左
Vネック長袖Tシャツ(ホワイト/モノトーン)
タイトデニム(ブラック/モノトーン)

コーディネート中央
メンズTシャツ(ホワイト/モノトーン)
長袖シャツ(グレー/モノトーン)
タイトデニム(ブラック/モノトーン)

コーディネート右
ケーブルニット(グレー/モノトーン)
ダウンベスト(ブラック/モノトーン)
タイトデニム(インディゴブラック/モノトーン)

基本ルール2:無彩色と有彩色1
モノトーンベースで揃えて、差し色を1つ決める

コーディネート左
Gジャン(ホワイト/モノトーン)
タイトデニム(ブラック/モノトーン)
半袖Tシャツ(グリーン/差し色)

コーディネート中央
ニット(グレー/モノトーン)
タイトデニム(ブラック/モノトーン)
レイズドネックコート(キャメル/差し色)

コーディネート右
オックスシャツ(ホワイト/モノトーン)
ケーブルニット(グレー/モノトーン)
メルトンコート(パープル/差し色)

基本ルール3:無彩色と有彩色2
モノトーンベースで揃えて、差し色を2つ決める

コーディネート左
コーチステンカラーコート(オリーブ/差し色)
ノーカラーキルティングジャケット(ネイビー/差し色)
タイトデニム(ブラック/モノトーン)
ホワイトスニーカー(ホワイト/モノトーン)

コーディネート中央
メンズダッフルコート(キャメル/差し色)
ケーブルニット(ブラック/モノトーン)
オックスフォードシャツ(ホワイト/モノトーン)
タイトデニム(ブラック/モノトーン)
バブーシュシューズ(ブラウン/差し色)

コーディネート右
長袖Tシャツ(ホワイト/モノトーン)
ニットソー(ターコイズ・ネイビー/2色差し色)
タイトデニム(ブラック/モノトーン)
ローカットレザーシューズ(ブラック/モノトーン)

*季節やTPOによっても、もっと差し色は派手な色合い(カラー)でも問題ありません。

プロが教える基礎知識③
スペック(ブランドや値段)よりコーデを研究しよう。

とにかく興味を持つことが大事です。例えば、メンズ雑誌の写真を見まくる、そしてシルエットや色合わせを意識してチェックしてみることが大切です。雑誌でなくてもWEARなら、リアルなおしゃれ服のメンズスナップが全身コーデで掲載されていてスナップ数(コーデ写真の数)も豊富なので参考になると思います。

ここでは、ショップ店員さん以外にも一般の方も投稿しているので面白いですよ。色々とスタイリングをチェックしていると、無理なく自然に自分自身が好きだと思えるブランド(ショップ)やメンズファッションの系統が判明するはずです。最初は憧れるスタイルを真似してみるのもアリですよ。

また、おしゃれなメンズ服って春・夏・秋・冬と季節によってアイテムや着こなし方が流動的なのでスナップ写真を参考にして自分のコーデに取り入れてみると効果的です。スナップ写真を見ていれば、旬なトレンドも知ることができます。

ここまで読み進めてくれたのなら、一気にレベル30くらいレベルアップしています。さらにレベル100まで一気に駆け上がりたい方は、劇的「モテる男」の成功法則を紹介していますので参考になれば幸いです。

んー、ここまで大丈夫かなって気になる人もいると思います。

そこで今から忘れ物チェックみたいな要領で、成功法則を忘れていないか確認してみると間違いないです。あなたが損しない為にも、下記のチェック項目を言葉に出して答えてみるワークをしてみてください!

確実にセンスが上がる方法です。

では、これまでに解説した基礎知識に当てはめてみてください。

Q1:オシャレなシルエット&色合わせの復習

さて、このシルエット(ライン)は、何ですか?
オシャレの色合わせは、基本ルール1~基本ルール3のどれですか?

参照:WEAR

Q1の回答
シルエット(ライン)は、Vライン=Yライン
オシャレに見える色合わせは、必ず基本ルール3つ当てはまっていますよね!

えっ!?、、、と忘れてしまった人は、再度読み返してみてください・・・。

Q2:系統が違ってもシルエットは同じです。

このシルエット(ライン)は、何でしょうか?

参照:WEAR
⇒このシルエットは、Iラインです。

シングルレザージャケットやライダースジャケットなどは、おしゃれなメンズ服装をする上で春先や秋に取り入れたいコーデですよね。左上の写真はモノトーンを基調として全身コーデがまとまっており大人っぽいですよね。
(色合わせの基本ルール1)

右上の写真はモックネックとシューズがモノトーンで他が有彩色である差し色2色の着こなしです。キャメルのステンカラーコートにインディゴブルーのデニムを組み合わせているカジュアルで気取らない着こなしです。
(色合わせの基本ルール3)

左下の写真はMA-1(エムエーワン)を黒スキニーで着こなす王道コーデ。革靴ではなくスニーカーで組み合わせることでスポーツミックスされた旬なコーデとなります。モノトーンがベースで有彩色である差し色の1色がカーキのMA-1(エムエーワン)です。右下も同様にアクセントである差し色がカモフラ柄のスキニーパンツとなります。
(色合わせ基本ルール2)

 

次に、このシルエット(ライン)は?

参照:WEAR
⇒このシルエットはVライン =Yラインです。

左上のコーデは、モノトーンがベースでスエットパーカーにシングルコート、ほどよくタイトなパンツでVライン=Yラインのお手本になるシルエットです。差し色は靴下でレッド系のボーダー柄、オーバーサイズ気味なキャメルのコートですので差し色2色の着こなしです。
(色合わせ基本ルール3)

右上のコーデは、トレンドであるコーチジャケットにビックシルエットのインナーとスキニーデニムを組み合わせている最旬コーデで、かっこいい服の組み合わせでWEARで1位になっているので参考にしたいですね。上半身はモノトーンで有彩色である差し色はインディゴのデニムとチャコールのシューズです。
(色合わせ基本ルール3)

左下のコーデは、上級者のテクニックでインナーと靴下を有彩色の差し色レッドを入れて、他のアイテムはモノトーンのグラデーションでまとめています。モックネックにノーカラーアイテムを組み合わせる達人ですね。上半身と比較すると下半身がスッキリと細身に見えるように着こなしています。
(色合わせ基本ルール2)

右下のコーデは、オーバーサイズ気味のMA-1(エムエーワン)に、オフショルダーでビックシルエットなロング丈のカットソーを組み合わせています。これは、おしゃれさんの間では鉄板の技なんです。ロング丈のパープル色のカットソーを重ね着してインナーを魅せるテクニックなのです。

雑誌やWEARでも頻繁に見かけます。簡単にできるオシャレテクニックで、上着より+5センチ程度を覗かせるだけです。縦のレイヤードスタイルは、定番化しているので真似するアイテムも見つかりやすいですよ。
(色合わせ基本ルール2)

ちなみに、ビッグ・オーバーサイズのトップスやアウターの場合は黒スキニーが鉄板です。

 

最後に、シルエット(ライン)は何でしょうか?

参照:WEAR
⇒このシルエットはAラインです。

左上のコーデは、ゆったりとしたブルージーンズにモッズコートをあわせた男らしさ溢れるコーデでかっこいいですよね。モノトーンベースにカーキのモッズコート+ブラウンのメンズリュックで全体的な雰囲気が非常にまとまっています。
(色合わせ基本ルール3)

右上のコーデは、カーキのキルティングブルゾンの胸元刺繍がワンポイントになっていますね。インナーを明るいホワイトのカットソーにしてグレーのパーカーを羽織っているので、パッと明るい印象になりますね。ノースフェイスのスリッポンにワイドデニムとバランス感覚がおしゃれ上級者です。差し色がカーキのミリタリージャケットとベルトのキャメルの2色です。
(色合わせ基本ルール3)

左下のコーデはルーズシルエットのチノパンに、ロング丈のホワイトのロングTシャツ+レギュラー丈のネイビーの半袖Tシャツを組み合わせた技ありのコーデ。先程も説明しましたが、あえてカットソーを重ね着してインナーを魅せるテクニックです。身軽になる暖かな春先は重ね着のテクニックを利用した技ありコーデも楽しみの1つですね。
(色合わせ基本ルール3)

ラストは右下のコーデ。個人的に好きなルックです。全体的にラフな着こなしですが、やはりロング丈の重ね着でインナーの色合いを魅せていますね。サマーニットキャップはコットン素材のタイプで浅く被ることでおしゃれに見えます!深くサマーニットキャップを被ると暑苦しいのでNGですよ。ネイビーのワイドパンツとサックスブルーのニットキャップが差し色になっています。
(色合わせ基本ルール3)

最後に。大事なのは、ワクワクする未来に繋げること

いかがでしたか?

以上が、オシャレなメンズ服に関して多くの人が感じる不安や疑問を、具体的なメンズ服の基礎知識3つを用いて最速で理解できる方法でした。何事もまずは基礎力が大切です。スポーツやゲームなどでも一定のルールを知り、説明書を読まなくても理解することって基本ですよね?ファッションも同じなのです。

難しく考える必要はなく基本を知れば、あとは楽しむだけです!ここまで読んでいただき、ありがとうございます。ファッションの基本ルールを知ったわけですから、楽しく実践あるのみですね。オシャレに絶対的な正解などなく無限大、少しでもあなたのワクワクする未来に繋がれば嬉しいです。

あっ、最後までお読み頂いたあなたにだけ特別に、、、

\ SNSでシェアしよう! /

QOL未来創造|ワクワクする未来、つくろうの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

QOL未来創造|ワクワクする未来、つくろうの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

プロフィール紹介 プロフィール一覧

SHIN

SHIN

スタイリスト、QOL未来創造スペシャリスト=ワクワクする未来を実現化させるプロです。
(Instagram : shin.7life)

自分では選択することすらできない絶望的な運命、環境、状況から抜け出し、人生の主導権を自分で握り自分で人生をデザインして楽しく生きています。20代半ばに、海外から帰国した時は破天荒に「家も仕事もお金もない&極めつけに身分証はパスポートのみ」スーツケース1つから、復活しましたw自己啓発、心理学、ビジネスマーケティング、ファッション、旅行(非日常の世界)、写真が大好きです。スタイリングでお困りの方は、ご相談ください^^

海外旅行、国内は頻繁にフラフラしています。とにかく逆境に強くて地獄に落ちてから勝負する奴です!凄くツイてる、よく寝て、よく食べ、よく笑って何でもネタにします。善くも悪くも子供みたいに無邪気な大人です。なぜなのか?に異常な関心があり、心理学や成功法則、ビジネスマーケティングを専門家から学んでいます。

ビジョン「人生を変える=ワクワクする未来、つくろう。」を現実させるには考え方次第、自分次第。
僕とあなたのQOL未来創造に繋がる"きっかけ"を情報発信できるようメディアを運営していきます!