1. TOP
  2. 心踊るライフスタイル
  3. 岩田麻央さん「このままでいいの?」を読んだら、想い出の扉が開いた話。

岩田麻央さん「このままでいいの?」を読んだら、想い出の扉が開いた話。

僕は1度死んで生まれ変わったことがある。
25歳の頃だ。

生まれ変わるひとつ前(19歳~25歳の頃)って、毎日毎日がむしゃらに目の前の「はしご」を登っていた。もう死ぬのかor成し遂げるのかを迫られていて・・・昼夜かまわずダブルワークして必死に働いた。

そして、自分自身の喜怒哀楽や恋愛すべてを毎日ブログに書き綴っていた。

同じ悩みを抱えている人に役立つ内容だったこともあって、自然とコミュニティーができてリアルに交流が始まった。ブログ内にBBS(掲示板)をつくるとスレッドが立ち、WEBで繋がる人とやりとりをしていたことを想い出した。

おそらく200人以上の人から個人的にメールを頂いたし、定期的にオフ会をやったりして熱烈なファンもいた。

あれから、、、

当時の目標を達成したことで、心が燃え尽きた。
空っぽの燃え尽き症候群になったんだっけ、、、

そこから新しい世界でワクワクする挑戦を始めたり、

気がつけば、12年以上が経過して僕は37歳になった。

今でも、当時ブログで出逢い繋がった友人とは仲が良い。

ご縁とは不思議なもので、旅行に行ったりキャンプに行ったり笑顔の連鎖だ。

だけど、、、

僕はブログが書けなくなった。

岩田麻央さんの書籍「このままでいいの?」

冒頭は、こんなフレーズで始まった。

気づくと、今日もまた同じ1日
「あなたが頑張っている日々の延長線上には、何があるのでしょうか?」

はしごをイメージするとわかりやすいですが、

「はしご」を登った先にあなたが望んでいる未来があるんでしょうか?

今、あの頃に望んでいた世界が目の前に広がっている。
だから、僕ががむしゃらに登った「はしご」は間違ってなかった。

過去に戻れるとしたらいつに戻りたい?たまに聞かれるんだけど、僕はいつにも戻りたくない。全力でやってきたから後悔がなくって受け入れているから未来に進みたいって思っている。

今回、麻央さんの本を読むことが”きっかけ”となって、過去の出来事が点と点になって繋がってイマがあるのだと感じることができたので、久しぶりに自分らしいブログを書き始めることができた。

誰でも、はじめの一歩がある。

さて、大事なのは「これから」だ。

自分の未来を創造する、次なる1歩は?

なぜ僕はブログを書けなくなったんだろう。

アフィリエイト超特化型(雑記0)って感じでやり続けた結果、広告収入で稼げることから逆算して設計を考えてキーワードを出していく。商品ありきで意味のある、価値のあることだけを書かなければいけない(○○しなければいけない)という概念が、今でも僕をがんじがらめにしていることに気がついた。

やっていて面白くなくなったから、最終的には外注記事で量産。

そこには、楽しいとか楽しくないとかなく、とにかくやるだけ。

麻央さんの書籍にも書かれている「1人の人間として何をしたいの?」大事なのは、情熱があるかどうか・・僕は、そんな大前提の部分を見失っていたのだと思います。ここ数年は創作活動が好きだから、インスタグラム(shin.7life)で頭の中のストーリーを写真で表現しています。

 

あの頃の僕はブログを書きながら、未来を描いていた。

今振り返ってみると、ほぼ毎日のように特化型(特定のジャンル)で役立つ記事が8割、雑記のプライベートな内容2割で書いていた。プライベートな内容があるからこそ、自然とWEB上で共感しあう人達と繋がり巻きこみながら、お互いに大切な存在になっていった。

そうかコミュニティー作り、やった経験あったじゃん・・・。自分自身の言葉で、純粋に情報発信する素晴らしさを思いだしたよ。

では、これからどうするの?

Enjoy Everydayで今が楽しいという状態を毎日続けられれば、あなたの人生は最高に楽しいものとなります。と本を読んで背中を押してもらえたので、さっそくブログ更新をはじめます。

昨日、麻央さんにLINEでお礼のメッセージを送ると、「やろうとしている方向性もよいと思いますし、SHINさんは継続力もあるし、センスもあるし、問題ないと思います。未来がさらに楽しみですね」とお返事を頂きました。単純ですけど元気でました、ありがとうございます。

そうだ何年か前に2人で食事させて頂く機会を頂いた際、自分自身のコンテンツを作るならSHINさんはファッションかアート関連だと思いますよと言ってもらったのを思いだしました。その時は、まだイメージできなかったですけど今は進んでいます。

壁にぶつかって、

「初めて足りないもの」が見えました。

完璧じゃなくていい、まずブログ再開します。大事なのは、そう笑顔なんだ。

前向きなパワーや励みになるので、こちらの記事にコメントを残していただけませんか?

ぜひFacebookシェアなど、応援くださると嬉しいです。

 

最後に

この本は、自分自身の内側にあるものを見つめ直し、また「はしご」を登っていくきっかけとなりました。あなたにとっての自由ってなんでしょうか?まだ読んでいない方は、ぜひ手に取り読んでみてくださいね。

最後まで目を通してくださり、ありがとうございました。

>>岩田麻央さんの「このままでいいの?」をみてみる

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

QOL未来創造|ワクワクする未来、つくろうの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

QOL未来創造|ワクワクする未来、つくろうの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

プロフィール紹介 プロフィール一覧

SHIN

SHIN

経営者専門WEBスタイリスト
(Instagram : shin.7life)

ファッションを仕事にして18年、のべ1万3千人ほどのスタイリングを提案してきた現役のプロです。特に見た目の印象が、人生やビジネスに直結する【人と対面での仕事をされている方】のスタイリングが得意です。あなたの第一印象であるパッと見の「魅力」を最大化させます。WEBでも対面であっても服装の戦略は超重要です。

自分では選択することすらできない絶望的な運命、環境、状況から抜け出し、人生の主導権を自分で握り自分で人生をデザインして楽しく生きています。20代半ばに、海外から帰国した時は破天荒に「家も仕事もお金もない&極めつけに身分証はパスポートのみ」スーツケース1つから、復活しましたwビジネスマーケティング、ファッション、旅行(非日常の世界)、写真や動画が大好きです。外見のブランディングでお困りの方は、お気軽にご相談ください♪

コメント

  1. T.K より:

    SHINさん、こんばんは!

    ブログ記事を拝見させて頂きました。

    過去に戻れるとしたら?というくだりで、私は、後悔することが一番つまらないという考えを持っているので、未来に進みたいという点は、すごく共感しました。

    ブログタイトルの「未来創造」も、未来への思いからくるんですかね♫

    また、私も同じように少し前までは外注記事で量産をして、とにかくやるだけ、を続けていたのでgoogleアップデートも重なったり、自分のモチベーション的にも、かなり嫌になってました(><

    時代の流れをみても、「情熱があるかどうか」という部分については、今後、ますます大切な気がしますよね。

    SHINさんにとって、モヤモヤしたものが吹っ切れ、明るい道筋が見えたようで、すごくいいなって感じました。

    1. SHIN より:

      T.Kさん、こんにちは!

      コメントくださり、ありがとうございます。
      久しぶりに自分らしく書けた記事に感想を頂けて励みになります。

      >>過去に戻れるとしたら?というくだりで、私は、後悔することが一番つまらないという考えを持っているので、未来に進みたいという点は、すごく共感しました。

      同じ未来に進む派なんですね^^
      色々とジェットコースターみたいな時間を過ごして、今振り返ってみると当時は大変で塞ぎ込んでしまったことも貴重な
      体験&経験ができてよかったなと思っています。今だからこそですけど^^笑

      >>ブログタイトルの「未来創造」も、未来への思いからくるんですかね?

      https://qol-miraisozo.com/history/

      コンセプトを振り返るタイミングになりました、ありがとうございます。2年前に書いていましたね・・・。(笑)
      人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか。僕も含めて簡単に誰でもやろうと思えば実現できるQOL未来創造=(QOLがアップする具体的な方法)をメディアとして運営することで、あなたのワクワクちょっとドキドキする未来に繋がるお手伝いができたら嬉しいって気持ちは変わらないです。

      >>時代の流れをみても、「情熱があるかどうか」という部分については、今後、ますます大切な気がしますよね。SHINさんにとって、モヤモヤしたものが吹っ切れ、明るい道筋が見えたようで、すごくいいなって感じました。

      ちょっと、リハビリが必要ですが自由に書いてみるということから始めていきます。楽しく笑顔で過ごす日々を大切にしていきます。ありがとうございました^^

コメントを残す

*